NEWS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会 社 16/03/17
ユーザービリティ改善ツール「WalkMe(ウォークミー)」の日本国内販売を開始
株式会社ギャプライズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:甲斐 亮之)は、イスラエル発・現サンフランシスコのWalkMe(ウォークミー)社(本社:サンフランシスコ、代表取締役CEO:Dan Adika)と業務提携を行い、UX・ナビゲーション改善ツール「WalkMe(ウォークミー)」の日本国内における本格的な提供を2016年3月16日(日)に開始しました。


「WalkMe」日本語サイト: http://gapriseux.com


「WalkMe」をサイトに設置すると、サイト上のいたるところ、あらゆるセグメントに対し、ポップアップや吹き出し状のバルーンを出せるようになります。例えばオンラインバンキングで普通預金の預金額が一定以上になったユーザーにだけ定期預金をおすすめするポップアップと誘導バルーンをだす、といったナビゲーションを、「WalkMe Editor」と呼ばれるブラウザの拡張機能から簡単に設定、反映が可能になります。UXのゲームチェンジャーとしてアメリカではすでに、シスコ、アドビ、ペイパルなど多くの大手企業が導入しています。また、Microsoft(R) Dynamics、Salesforce(R)、SAP(R)といったCRMにも組み込むことが可能で、従業員のトレーニングや乗り換え時のサポートコストを劇的に軽減することが可能です。


■特徴・機能概要 *一部のみ抜粋
【ウォークスルーを作る 「THE WALKME EDITER」】
「WalkMe Editer」によって、ウォークスルーの作成、編集、公開、管理を一元して行うことが出来ます。スクリーン上でコンテンツ、デザイン、配置、機能といったステップを管理・編集し、ポップアップを作り出します。専門的な知識は全く必要ありません。作業は数秒で終わります。また、WEBサイトに公開する際も、数行のコードを入れるだけで簡単に作動させることが出来ます。

【ウォークスルーを実行する 「THE WALKME PLAYER」】
ウォークスルーの配置が終わると、サイトにナビゲーションバーを表示させることが出来ます。ユーザーはそこからウォークスルーのリストを選択することで、ただちにポップアップによるWEBサイト上での誘導を受けることが出来ます。また、ウォークスルーのメニューを通して、「ランチャー」と呼ばれる様々なメニューのクイックスタートボタンを起動したり、自動で起動させたりすることが出来ます。

【ウォークスルーを分析する 「WALKME ANALYTICS」】
「WalkMe Analytics」は、ページ内のユーザーの体験を理解するための強力なツールです。自動でウォークスルーに関する詳細な情報を収集し、どれくらいの離脱が起こったか、どれぐらいのコンバージョンがあったか、検索における目的が達成されたか、どれくらいの人が「WalkMe」を活用したかなどのデータを集めます。こうした豊富なデータによって、UIを改善する上でどのような問題が存在するのかを特定し、混乱を招く問題のあるプロセスに対して適切なアプローチを提示します。



■「WalkMe」に関するお問い合わせ先
お問い合わせフォーム: http://www.gapriseux.com/inquiry/
担当:高瀬・土井
TEL :03-6822-9721
  • このエントリーをはてなブックマークに追加