TOPICS トピックス

レポート 会社
2020.07.06

新型コロナウイルスに関する当社取り組みまとめ


ギャプライズはビジョンとして「4方よしを追求し続け世界中と関係性を広げ深める」を掲げております。
新型コロナウィルス(COVID-19)感染症の拡大を受け、あらためて4方(世界、顧客、パートナー、自社)との関わりを意識し、ビジョンの実現のために何が出来るかを考え、さまざまな取り組みを開始しております。
2月末の感染症臨時対策本部の設置から主な活動を開始し、特に緊急事態宣言期間の約3ヶ月の体験から得た発見と学びをベースとした新たなワークスタイル方針は今後の当社にとって大きな指針となるものです。
今後も継続的なトライアル・アンド・エラーを繰り返していきます。
こちらのページにて当社の一連の活動を時系列にてまとめさせていただきました。


 

◆ワークスタイル改革に向けたおもい

当社では今回のコロナショックを、仕事にオーナーシップを持ち、仕事を自分ごと化していく為の機会とするべく、ワークスタイルを大きく変革いたします。本改革におけるキーワードは「自己決定」です。自己決定と幸福には、強い相関関係があると言われています。また、自己決定の裏には責任と覚悟が必要となります。
自己決定感と幸福感が高く、責任感が強い魅力的なメンバーで溢れる組織を目指します。

 

◆ワークスタイル設定の目的

・従業員がベストパフォーマンスを発揮できるための環境を用意し、自信と誇りを手に入れること
・災害などの緊急事態時でも確実に事業継続が可能にすること

 

詳しい内容は下記
withコロナ時代における当社の新しいワークスタイルに関して
をご参照ください。

 

◆外部発信を行った当社の主な取り組みまとめ

2020年2月28日 当社の新型肺炎等の感染症対策について(第1回目)

2020年3月10日 【対応期間延長】当社の新型肺炎等の感染症対策について

2020年4月28日 当社の新型コロナウイルス対策について(対応期間延長)

2020年4月30日 【事例紹介】弊社の新型コロナ追加対策について

2020年5月27日 当社CAO齋藤のインタビュー「収束から再成長に向け、新しいワークスタイルの追求へ」

2020年5月28日 当社の6/1以降の新型コロナウイルス対策について

2020年5月29日 新しいワークスタイルに関して

2020年6月24日 すべての従業員に勤務環境整備手当を支給

2020年6月30日 全従業員対象に15分単位での在宅勤務手当を開始

2020年9月17日 ワークスタイル改革の推進メンバーインタビューを公開

◆新型コロナウイルスに関する当社の主な対応(時系列)

2月6日:疾病対策室の設置。社内への注意喚起の実施

2月13日:産業医と対策について第1回目の協議の実施

2月14日:社内へ再度注意喚起の実施

2月27日:感染症臨時対策本部の設置

2月28日:「新型肺炎等の感染者対策についての社内ガイドライン」社内発信。合わせて対外的な対応方針のリリース

3月10日:リリース内容の更新
       対応措置期間の延長(期間を設けず「当面の間」に変更)
       出張は極力差し控え/多人数が出席するイベントへの参加は原則禁止のルールを追加

3月12日:社内外用のコミュニケーションツールの決定

3月17日:リモートワーク機器購入補助制度を開始

3月25日:対策措置期間に「少なくとも4/10までは実施」の旨を社内告知

3月31日:当社の対応方針に「飲み会原則禁止」の旨を社内告知
       期間中のお知らせに「三条件を避ける」旨を追加

4月1日:臨時休校に伴う特別休暇を2月27日までさかのぼって適用開始

4月6日:対応措置期間を5月6日まで延長

4月28日:対応期間延長を対外的にリリース
     リモートワーク機器購入補助制度にデスクライトの追加

4月30日:当社のコロナ対策に関するレポートのリリース

5月27日 当社CAO齋藤のインタビューリリース

5月28日 6/1以降の新型コロナウイルス対策のリリース

5月29日 当社の「新しいワークスタイルに関して」をリリース

6月24日 7月1日より勤務環境整備手当を開始する旨をリリース

6月30日 7月より在宅勤務手当を開始する旨をリリース

※事務局の設置から役員を交えた定例MTGを週1回行い、方針を決定しています。


◆更新情報

2020年7月6日 ページ公開

2020年7月8日 新型コロナウイルスに関する当社の主な対応(時系列)の追加

2020年9月17日 インタビューコンテンツの追加